【格安で高コスパ】おすすめのワイヤレスイヤホンを2つご紹介

投稿日:

Pocket

最近イヤホンにコードついてる人ってあまり見かけなくなりましたよね。恥ずかしながら僕はつい先日まで、コードありのいわゆる普通のイヤホンユーザーだったんですが、ジョギングや自転車通勤の際にコードが絡まってイラっとしており、、そろそろワイヤレスイヤホンに手を出してみるかと思い購入を決意した次第です。

多くのレビューやまとめサイトを駆使して探した結果、2つのワイヤレスイヤホンに行き着きまして、特徴はそれぞれあるものの非常に高品質なのでこちらでご紹介させていただくことにしました。

ワイヤレスイヤホンの最大のメリットは「コードの煩わしさから解放される」だと思うんですが、これを一度経験してしまうと耳から離したくなくなるぐらいの必需品となり、家族の一員のような感覚です。

まぁデメリットといえば、、小さいので無くさないように。。ってことぐらいでしょうか。

そんな2つのワイヤレスイヤホンがこちら。

Anker Soundcore Liberty Air 2

スピーカーの大手メーカーとして有名なAnkerのワイヤレスイヤホン。クリアな音声通話が魅力で、さらにスマホアプリと連動でき自分好みの音質にカスタマイズすることができます。10分の充電で2時間分の音楽再生が可能。

イヤホンをタップすることで音量調整や停止/再生ができ、さらにiPhoneユーザーであればイヤホンの側面を2秒長押しでSiriを呼び出すことができます。なので、走っている途中に今何時だろう、、みたいに時間を知りたければスマホは使わずにそのままSiriに問いかけるだけという次世代感。

SONY WF-XB700

圧倒的な重低音とクリアな高音を再現。汗や雨などからヘッドホンを守る防滴性能が高く、1回の充電で9時間再生可能。

個人的にはやっぱり音質ですね。SONYの商品はカメラでもなんでも音のクオリティが非常に高く、この商品も値段に負けない量感のある音質が魅力です。

もしいまだにワイヤレスイヤホンを使っていない方はぜひこれを機に購入してみると良いです。購入してみて思いましたが、便利すぎてこれまでの使ってなかった時間が勿体なかったと思うほどです。

AirPodsのような2万円以上の高いワイヤレスイヤホンはもちろん素晴らしいアイテムだと思いますが、そこまでこだわらなくても、、という方は安いもので3,000円ぐらいからあります。

が、格安すぎると音質だけでなく接続不備があったり防滴性も低かったりするので注意が必要です。とまぁバランスを考えて10,000円前後の商品が一番コスパ高いんじゃないかと思うのでぜひ検討してみてくださいね。

キャッシュ然りイヤホンもレスじゃないと時代にどんどん取り残されるので、これを機にワイヤレスイヤホン体感しておきましょう!

-entertainment

Copyright© GarageBand Blog , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.