GarageBand blog

音楽,動画,デザイン,WEB…人生やりたいことに溢れてる

【フリーランス・副業】動画編集の仕事の取り方はこれだけ

投稿日:

Pocket

僕は今後、会社にとらわれない自由な生き方を目指しています!
そして動画編集の仕事をフリーでやってみたいので仕事の取り方が知りたいんだ!

こんなお悩みにお答えします。

動画編集の仕事は

  • YouTube動画編集
  • 結婚式ムービー
  • 映画PR
  • 地元PR動画
  • 企業PR動画

こんなところが主流でしょうか?

会社勤めなら何もせずとも仕事が舞い込んでくるので何の心配もありませんが、フリーランスや副業となると自分で仕事を取ってこないといけません。

ですが、うまく仕事を取ることができればかなりコスパが高いのでおすすめです。

では一体フリーの方達はどのようにお仕事を探してきているのでしょう?

動画編集の仕事の撮り方として大きく2つです。

  • ネットで集客する
  • リアルで集客する

単純ですがこれが王道です。

ネットで動画編集の仕事を取る

ネットで集客する場合は

  • クラウドソーシング
  • SNS
  • ホームページ

となります。

 

クラウドソーシングで仕事を取る

クラウドソーシングとは、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスです。

つまり、動画編集を依頼するクライアントとその仕事をしたい人のマッチングサービスとなります

現在主流のクラウドソーシングサイトと言えば

  • ココナラ
  • クラウドワークス
  • ランサーズ
  • Bizseek

ですね。

それぞれに特徴がありますが、未経験の方が動画編集で仕事を手軽に始められそうなのはココナラかなと思います。

また、クラウドワークスやランサーズは時期にもよりますが単価が高めの案件も多数あります。

ある程度スキルがあればコスパの良いお仕事になるでしょう。

【人気記事】»未経験から動画編集を仕事に【副業・フリーランス・在宅OK】

SNSで仕事を取る

SNSであればTwitterはかなり便利です。

あのビジネス系YouTuberのマナブさんの動画編集を担当している方も、最初はTwitterでの書き込みから始まったと言われています。

Twitterで動画編集者を募っている人を追いかけて応募するっていう感じですね。

気になったら勇気を持ってDMを送りましょう。

DM送るだけならタダですからぜひ一歩踏み出しましょう。

特にYouTuberの動画編集を担当することができると毎日動画投稿する方も多いので、動画編集者としてはかなりの案件が安定してまかなえますよね。

ホームページで仕事を取る

ホームページというかポートフォリオサイトに近いかもしれません。

仕事を取る上で重要なのはあなたが何ができるかというところなので、ホームページを作成して自分のスキルを存分に発信しましょう。

クラウドソーシングやSNSのプロフィールにあなたの魅力あるホームページのリンクを貼って受注につなげることができます。

実際ホームページを作るとなると、サーバー借りたりドメイン買ったりといろいろ手間が大変ですが、今では未経験でも簡単に作成できるツールがあります。

無料体験もできるので気になる方は一度お試しください。

【人気記事】»無料あり:ホームページを簡単に自作できる5つの作成ツール

リアルで動画編集の仕事を取る

リアルで集客するにはコミュニケーション能力が必須ですね。

これは同業者との横の繋がりを蓄積するということになります。

動画編集者同士でつながっておけば、ドローン撮影を入れたい、動画にロゴを入れたいからロゴのデザインをしてほしい…など、動画編集はできてもドローン撮影はできない、ロゴのデザインもできないとなるとクライアントは別の業者に依頼するかもしれません。

横の繋がりが強ければ、ドローン撮影できる人知っていますよ、デザイナー知っていますよ、紹介しましょうか?

となってその仕事を取ることができます。

逆の場合でも一緒ですね。

知り合いが動画編集できる人知ってますよってあなたを勧めてくれるかもしれません。

横の繋がりは会社でもフリーランスでも副業でも重要ってことです。

【フリーランス・副業】動画編集の仕事の取り方はこれだけ まとめ

実際フリーランスとか副業って自分で仕事を探さないといけないのでめちゃくちゃ大変です。

僕もバナー作成をクラウドソーシングで始めた時は、10案件にデザインを送ってなんとか1個受注したという経験があります。

ただ、数をこなしていくと作業に慣れてくるので時短でクオリティの高いものに近づけることができるので、最初のうちは大変ですが継続することでスキルアップに繋がります。

クラウドソーシングなら、例えばYouTubeの動画編集5分ぐらいのものは時給1000円ぐらいが相場と言われています。

安いと思われた方もいると思いますが、スキルが上がれば高単価案件に挑戦したらOKです。

時給5000円ぐらいの案件もあるので…

スキルがあれば単価はあげていくことができ、高単価案件も受注できるので常にスキルを磨き続ければ月収100万超えることもできるでしょう。

【人気記事】»動画編集の副業で10万円稼ぐコツ【会社から脱依存】

【人気記事】»動画・映像クリエイター向け求人サイトの選び方+おすすめ3選

-movie

Copyright© GarageBand blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.