GarageBand Blog

音楽,動画,デザイン,WEB…人生やりたいことに溢れてる

DTMを始めたい中学生や高校生がまずやるべき2つのこと

更新日:

Pocket

DTMを始めたいけど何から始めて良いか分からない…。楽器も弾けない…。

そんな悩みにお答えします。

DTMを始めるにはDTM環境が必要です。

DTM環境とは「パソコンを持っている」or「スマホを持っている」というどちらかの環境になります。

今回の記事では、DTMをなるべく無料でやってみよう!ということを念頭に、「中学生や高校生がDTMを始めるために必要なこと」を少し解説していきたいと思います。

 

DTMを始めたい中学生や高校生がまずやるべき2つのこと

DTMを始めたい中学生や高校生がまずやるべきことは以下の2つです。

DTMを始めたい方はぜひ環境を整えましょう。

  • パソコンを買ってもらう
  • スマホを買ってもらう

 

以上…。

パソコンでDTMを始めるためには必ず音楽制作ソフトが必要となります。

しかし、中学生や高校生にはパソコンは高い!という方もいるはずです。

そんな方にはスマホのDTMアプリがかなりおすすめです。

スマホの格安のDTMアプリでも基本的なことは学ぶことができますし、質もかなり高いです。

今やスマホのDTMアプリは無料でもかなり高品質なものがあります。

スマホ用のDTMアプリ(作曲アプリ、シンセアプリなど)をこちらの記事でまとめているので参考にしてみてください。

 

DTMを始めるならパソコン?スマホ?

結論から言うと、長い目で見るならパソコン。

今すぐ簡単にDTMを始めたいならスマホです。

DTMerは近年急成長していますよね。

バンド活動〜なんてよく聞いていた時代がかなり懐かしいぐらいで、バンドというよりもDTMで音楽と関わる方が急増しているように思います。

DTMを始める方が急増している理由は、スマホの普及により音楽を作るということが身近になったからでしょう。

スマホの普及に比例してDTMアプリの質はどんどん上がっています。

ということでぜひ音楽制作のための環境を整えましょう。

 

パソコンは何を買えば良いですか?

中学生や高校生がDTM(音楽制作)を楽しむなら是非下記のパソコン、そして下記のスペックを買いましょう。

パソコン

  • Mac
  • MacBook

 

スペック

  • プロセッサ:corei5
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:1TB

 

Macをオススメする理由は、無料で使える音楽制作ソフト「GarageBand」が使えるからです。

DAWを入れて、いろんな音源を探して、サンプラーも購入して…など何も考えずにすぐ使えます。

音の種類も豊富で使い方もわかりやすいのでとてもオススメです。

GarageBandもiMovieも無料の割にかなり高品質なので是非オススメです。

GarageBandの使い方や小技、楽しみ方、音源探しのコツ、無料で無敵のサンプラーなどなど…記事にしていますので気になる方は是非参考にしてみてください。

 

さらに音楽が好き(クリエイティブなことが好き)なら動画編集も少なからず興味があるはずです。

そこでMacなら動画編集ソフト「iMovie」も無料で使えます。

動画編集ソフト「iMovie」の使い方ならこちら

 

余談ですが、Macは確実にモテます。見た目がかなりおしゃれで、インテリジェンスな雰囲気の漂うMacを持ってるだけで中学生や高校生なら確実にモテることでしょう。

モテなかった場合は努力が足りないということで…お願いします。

スペックは前述した内容のものより上であれば問題ないと思います。

特にメモリが8GB以下になるとかなり動作が重いのでDTMを楽しんでる場合じゃなくなります。

また、パソコンが買えない場合はスマホアプリにもかなり高品質なDTMアプリが流通しているので音楽制作を楽しむということでしたら全然楽しめます。

スマホの中でもiPhoneなら「GarageBandアプリ」が無料で使えるのでiPhoneユーザーにはとてもオススメです。

GarageBandアプリでLinkin Parkのワンフレーズを演奏してみたので是非

 

さらに、GarageBandアプリのちょっとした使い方はこちら

 

 

パソコンやスマホを買ってもらったら

パソコンを買ってもらった場合

  • 音楽制作ソフトを手持ちのパソコンに導入する
  • 基本だけおさえたら実際に音楽制作ソフトをさわってDTM(音楽制作)を始めてみる

 

スマホを買ってもらった場合

  • iPhoneなどのスマホがある場合はDTMアプリを導入する
  • 基本だけおさえたら実際にアプリをさわってDTM(音楽制作)を始めてみる

 

つまり、パソコンを手に入れるにも、スマホを手に入れるにもまず実機に触れてみて何となくでも始めてみることが重要です。

ギターを始めた時にとりあえず「ジャーン」って鳴らすのと同じで、DTMもとりあえず音を出すことで楽しくなるはずです。

なので、音楽とは?とか考える必要なく、とにかく音を出してみよう!が正解です。

 

とはいえ、音楽の知識が全くない状態からDTMって本当にできるの?って思うかもしれませんが、正直1ヶ月ぐらい没頭したら結構できると思います。

それだけ今のアプリやソフトは簡単に使えるようなUIになっています。

さらには最近ではYouTubeに様々な音楽制作ソフトのチュートリアルが見つかるので簡単に学ぶことができます。

できるだけDTMを効率よく学びたいならこちらの記事を参考にしてみてください。

 

まとめとして、DTMを始めたい中学生や高校生にとってパソコンで始めるのは少しハードルが高いかもしれません。

ただ、iPhoneなどのスマホがあればDTMアプリが出回っているので簡単にDTMを楽しむことができます。

パソコンに比べるともちろんいろんな制限はありますが、DTMアプリは音も良く、特にGarageBandアプリはDJ風なトラックを作ることやスクラッチも簡単にできます。

ぜひこれを機会にDTM始めてみましょう!

レクタングル×2


おすすめの関連記事

-GarageBandでDTM

Copyright© GarageBand Blog , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.